リスクを回避しよう|収益率UPが期待できる中古マンション投資の方法とは
男女

収益率UPが期待できる中古マンション投資の方法とは

リスクを回避しよう

積木

サブリースのメリット

マンションやアパートの経営をしているオーナーのほとんどの方が、物件の管理を不動産管理会社に委託しています。この管理には、入金などを任せる集金管理と滞納保証があります。そして、これとは別にサブリースがあります。集金管理や滞納保証賃料の賃料の督促や滞納保証はしてくれますが、家賃保証はないので、空室のリスクがあります。一方、サブリースには家賃保証があり、空室や滞納に関係なく物件のオーナーに不動産会社から賃料が支払われます。サブリースは、不動産会社がオーナーからマンションやアパートを借り上げ、その物件を入居者に貸し出します。入居者からの家賃は不動産会社に支払われ、オーナーは不動産会社から保証料として家賃を受け取ります。このようにサブリースでは、空室のリスクを回避できます。

しっかりとした返済計画を

サブリースには家賃保証があり、マンションやアパートのオーナーにメリットがあります。このサブリースを不動産会社と契約するときは、返済計画をしっかりと立てておくことが大切です。多くのオーナーの方は、物件を購入する際、銀行から融資を受けていることでしょう。このローンの返済期間がポイントになります。サブリースには家賃保証がついていますが、通常、保証料には見直しがあります。この見直しで保証料が減額されることがあります。一般的に入居者は新築を好む傾向があり、建てられてから10年ほどは空室のリスクは少ないものです。この空室のリスクの少なく、保証料の減額の心配がない間にローンの返済を終えるように計画を立てることが重要です。